その名はワニナルレポート

投稿日:

 

台風が来たと思ったら少しずつ空気が秋めいて来ましたね。
この夏から秋に変わりつつある境目、好きです。
前にも同じこと書いた気がしますが、季節が変わりつつある境目、なんか好きです。

さてさて、今日はワニナルのお話です。
「ロルフィングってどんなことをするの?」はよく質問をいただくので、「よくある質問」に記載したり、説明会でも詳しく説明したりしています。
その他に、ワニナルではセッションレポートにけっこう力を入れています。
名付けて、ワニナルレポート!!

・セッション前後の写真(ご本人様にお送りするためだけ用。クライアント様が不要の場合は撮りません)
・そのセッションで気になったことやポイント
・普段の生活に取り入れやすいオススメのセルフケア
・次回のセッションでやること、ポイント

このあたりをまとめて、セッション後にメールでお送りしています。
というのも、ロルフィングのセッションでは身体感覚を深めていくために、「身体の感覚を感じる」、「身体に意識を向ける」ことを促していきますが、日常に戻るとそんなことはさっぱり忘れてその場限りのものになりがちなんですよね。

ロルフィングでは、主に感覚受容器がたくさんある「筋膜」に働きかけていきます。
物理的に筋膜を緩めるだけでなく、「脳にある身体地図」を更新していくので、元の状態には戻りにくいと言われています。
ちょっと小難しい話になるのでここでは割愛しますが、少しだけ詳しいところを過去の記事で書いていますので興味がある方はコチラからどうぞ。(「身体の地図と身体の動かし方の指示書の書き換え、とは?

とはいえ、普段の姿勢、動作、生活習慣によって身体は作られていきます。
セッションを受けて筋膜を調整して全身のバランスを整えて脳の身体地図を更新しても、受けっぱなしで身体に意識を向けることなく日常生活に戻ったら、姿勢、動作、生活習慣によってまたいずれ更新されてしまいます。

それを防ぐためにはどうしたらいいのか?
その答えは簡単ではないですが、ひとつは「自分の身体感覚を深めて、ちょっとした違和感に気づいて自分で調整できるようになる」ことです。
じゃあ自分の身体感覚を深めるってどうすればいいの?
自分の身体が今どう感じているのか?心地良いのか?心地悪いのか?リラックスしているつもりでも緊張している部分があるのか?
などなど、「自分の身体に意識を向ける時間を増やしていく」ことです。

でも、日常生活の中でそんな時間を取ることってなかなか大変ですよね。
私は基本的に怠け者の面倒臭がりなので、自分がクライアントだったときにそんなことはまったくできませんでした。
なので、無理やり少しでも「自分の身体に意識を向ける時間をとってもらう」ために、開業直後からレポートを送ることは決めていました。

…が、これがみなさますごいんです。
言われるまでもないわー!とご自身の身体に意識を向けてどんどん感覚を深めていらっしゃる。
セルフケアや、普段の生活で気をつけるポイントも積極的に聞いてくださって、実行しては感想を送ってくださるという。

すごいな、私が一番最初にロルフィングのセッションを受けたときにこういう姿勢で受けていたら、もっと自分の身体の変化に早く気がつけたのかもしれないな、と反省する今日この頃です。
このセッションレポートはけっこう気合いを入れて作っていますが、読まない人もいるだろうし、読んでも「身体に意識を向ける」ことまでしない人もいるだろうなとも思います。
でも、嬉しいことに「このレポートが楽しみ」と言ってくださる方が増えてきたので、少しでも振り返りになったり、余裕ができたときに読み返して何かのきっかけになればいいな〜
他にも、こんなことやってもらえると助かるー!というアイディアがありましたら、ぜひ教えてくださいね。^^

 

 

 

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-WANINARUのこと, からだのこと, ロルフィング

Copyright© ロルフィング®ルーム WANINARU , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.